憲法記念日に想う。

きょうは、憲法記念日。
1947年(昭和22年)5月3日、日本国憲法が発布されたことを記念した日でしたね。

誰もが等しく人権を持っていることが、守られるため憲法があるはず。

例えば、
とある国において幼いながらに学ぶ機会もなく日常の労働を当然にする子供たちも、
せっかく産まれてきたのに充分な食糧がなくそのまま栄養失調で亡くなる赤ちゃんにも、
この国で休日を勉学や習い事やTVゲームにいそしむ恵まれた環境にある子供たちも、
………本当は、等しい人権があるはず。

「何処に産まれたか」で随分わかれてしまう、哀しい現実があります。

そういえば事故後、毎日ニュースで話題になり続けてるJR西日本の社訓が『儲け』だったとか。
この会社の社訓「儲け」とは一体誰にとっての何を指していたのでしょうか?
人様を運ぶ事業の「儲け」に「安全」は表裏一体のことであったはず。
そして株式会社にとって儲けは必須。(でなければ、投資した株主に怒られます。見放されます。)
当然すぎる事項であって、社訓とは、別な目指すテーマであり目標のはず。
そんなものを掲げれば、社員は揃ってやる気がなくなるでしょう。

おかげでいろんなことを、ときに憤りを覚える中、自らを考えさせられました。
私にとって「儲け」ることの最終目標は、継続的な寄付のためであると固く再決意しました。
昨年、ネットショップを開業した私。
現実は、寄付とはるかに遠い状態でありますが…。

生活するため、は最小限の必要事項。
夫婦ふたりが細々と生活していくだけならば、何もわざわざリスクもついてまわるネットショップを開業することなど必要ない。
格別、贅沢な生活はあまり憧れない。無論、「便利」に越したことはありませんが…。
住まいなど、雨風しのげて、屋根がおちてこなければいい。
床がぬけなければ、いい。
日本での当たり前の生活が、世界的な視野でみれば既に大変な贅沢であるとも考えるから。
生活のためだけならば、時間から時間、ふたりでパートで働けばいいだけのこと。

自ら産まれる国を選ぶことのできない子供たちのためにせめて、毎年・毎月の継続的寄付・支援をしていきたい。
まず飢えないこと、そしてぜひ学ぶチャンスを得てほしい…。
子供のいない、自らが生かされてる限りのライフワークにしたいです。
[PR]
by my-shop | 2005-05-03 14:27 | 私のスロー・ライフ


ネットショップの店主(あるじ)です。ただいまのんびり中♪
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31