カテゴリ:食生活&栄養( 33 )

a0021421_1520658.jpg

新聞のサンデー版にて初めて名前を知った「ケークサレ」。なんでもおフランスのケーキレシピとか?
きのう、パウンド型2本分作ってみたはよいけれど、
2倍量で計算するところ
暑さで塩の量をうっかり見間違えて
…ちょいと塩辛いケーキになってしまいました(涙)

うひゃあ~!!!

More
[PR]
by my-shop | 2011-07-13 15:26 | 食生活&栄養 | Trackback | Comments(0)

卵がけごはん♪

a0021421_20512833.jpg

珍しい新鮮な烏骨鶏の卵が手に入ったので、早速ごはんを炊いてシンプルに戴きました。(卵かけごはんなんて、思えば久しぶりでワクワク!)
お醤油をちょいかけかきまぜる…なんとなく黄身が濃厚な感じ???でもまったく生ぐさくなく、さっぱり食べられて◎♪ゴチでありました。

ちなみにバックに写ってしまってるのは、自家製白菜漬けとボイルド・モロヘイヤであります。

More
[PR]
by my-shop | 2007-07-28 20:51 | 食生活&栄養 | Trackback | Comments(2)

男性が高齢になるとともに心配になるのが、前立腺のトラブル。
私の父もがんではありませんでしたが以前、前立腺肥大で入院したことがあります。
(ちなみに確か、抗生物質の点滴治療で治りました。)

以下は朗報、でしょうか。
昨今、食品に大変な健康効果があることが判ってきている時代。
いつか遠くない将来では、治療方法も大きく変貌を遂げているのかも知れませんね。

願わくば、食生活を正すことだけで健康が保たれます様に…。

前立腺がんのラットに、5%濃度のザクロジュースを飲ませたところ、がん縮小効果がみられた。ザクロの何の成分が効いているかは不明。
 朝元助教授は「普通の食品に、こんな作用があるのは珍しい。成分が分かれば、前立腺がんの予防や治療への応用が期待できる」と話している。


ザクロに前立腺がん抑制成分、名古屋市立大が研究発表 : YOMIURI ONLINE
[PR]
by my-shop | 2006-09-29 01:47 | 食生活&栄養 | Trackback(2) | Comments(0)

食中毒にご注意!

きょうは夏至。
一年のうちで一番、「昼間の長い日」。
きょうの様に、高湿度と高温気味な日が続くと食中毒が心配になってきますね。
ましてやわが家は水周りのリフォームのため既に3ヶ月も避難生活状態…いつも以上に慎重に生活しなくては!
ありえないほど着工が遅れに遅れているので、真夏のリフォームになりそう(汗)悪夢だわ。ホント、大丈夫かしら。


さて、食中毒対策には、こまめな手洗いがかかせないですね。
調理前や後だけでなく、食事の前もちゃんと手を洗いましょう。
水洗いだけでなく、石鹸をきちんと使用して指の間も丁寧に。できれば手首まで。
(丁寧な手洗いは夏風邪予防にも効果があります。)
キレイに洗った手を拭くタオル・ハンカチもこまめに取替え清潔なものを使用しましょう。

食べ残しをしない様に心がけること。
食材の買い置きも控えること。
おかずの作り置きも短期間で。
冷えた飲み物を出し入れするため開け閉めが頻繁になりがちな冷蔵庫の中は
とても過信できませんヨー!

そして最も気をつけたいのは手指のケガ。
そこには食中毒のもとになる黄色ブドウ球菌が!
負傷した部分の絆創膏などが食品や調理器具に触れない様、気をつけましょう。

スプレー式の台所用アルコール消毒剤もこの時期だけは活用したいことです。
まな板や調理器具、調理台の掃除の仕上げにひと拭き「シュッ」。
特に熱湯消毒がしづらい部分に大変、便利ですね。
もちろんアルコールが主成分ですから、
スプレーの前後、火気に注意しながら使用しましょ♪

以下は、参考リンク
食品安全委員会:食中毒について
[PR]
by my-shop | 2006-06-21 14:25 | 食生活&栄養 | Trackback(1) | Comments(0)

ダイエットにも効果ありと好評な、ショウガ紅茶ですネ~。(…くどい!?)
石原 結實先生の著書に詳しくその効用が紹介されております。
a0021421_1452728.gif「ショウガをすってガーゼ(orふきん)に包みキュッと絞った汁を熱い紅茶に少量注ぐ」だけ!
ショウガと紅茶のそれぞれの身体を温める性質が組み合わせで
相乗効果、発揮。
ちなみに、私は「クックアップキッチンクロス」でキュッと絞っております(汗)モノグサ体質なので…。
搾り汁はティースプーンに1杯も入れれば充分です。
3日も続ければ身体がポカポカ~♪ (v^ー゚)

かかるのは、ちょっとの手間だけ。コスト要らず、の健康法であります。

普段から飲む習慣にしておくとよいですね。

夏も冷えるの…という方は、冷ましたショウガ紅茶を夏に愛飲しましょう♪
冷めたものでもOKですから。

ちなみに。
面倒だから~、とショウガをすったものをそのまま入れるのは、ダメ!
せっかくの美味しい紅茶が、エグイ味になりまする…。(→経験者、談(笑))

風邪も冷えも大丈夫!私の冬の健康法
[PR]
by my-shop | 2006-01-29 14:16 | 食生活&栄養 | Trackback | Comments(0)

卵サンドに始まり、カツオのたたきやお好み焼きにつけても美味しい、マヨネーズ!
現代の食卓にかかせない、万能調味料であります。
その万能調味料マヨネーズに関わる気になるニュースを発見!?

「中身を劣化させる酸素を通しにくい新容器をキューピー低カロリーマヨネーズシリーズに今月から採用」とのことです。
賞味期限が今までの「7カ月」から「10カ月」へ、3カ月延びるとか。
三重構造の新素材は、真ん中に酸素吸収樹脂というものが挟み込まれている様子。

これで素材を通じた酸素侵入を完全に遮断できる!

…画期的な、素晴しい新技術ですね。
合成保存料を追加使用せず、容器素材の開発によって商品の質が保てるのは素敵なこと。
保存状態がよくなっても、できるだけ新鮮なものを短期間で使い切るようにしたいものですが(笑)

キユーピーによると、低カロリー商品は酸素による劣化の度合いが大きいという。
   ↑
全く知りませんでした。これから気をつけなくっちゃ…。

asahi.com:キユーピーが新容器開発 マヨネーズの賞味期限延長
[PR]
by my-shop | 2005-12-05 12:16 | 食生活&栄養 | Trackback | Comments(2)

長いことうちでは、卓上ポット型の浄水器を愛用しております。
先日¥100ショップで残留塩素の試薬をゲットしたのをきっかけに、水道水の残留塩素のテストをしてみました。(弊店別館サイトの参考写真撮影のためでございますヨー!お仕事です、お仕事。)

久しぶりに楽し~い「化学の実験」気分を味わいました♪フフフ。

思っていたよりも、ハッキリ色が出たことに何より驚きました。
左が水道水そのまま+試薬。∑( ̄[] ̄;)!
右はいつも愛用してる、浄水器(※フィルターを交換したばかりのもの)を通した水+試薬です。
こうして実際に自分自身の手でテストしてみると、「面倒でもやはり浄水してから飲もう!」という
気持ちになるから不思議です。

 夏はカルキ(残留塩素)が濃くなると聞きますから、
 冬に同じテストをしたら結果が少々異なるでしょうね。
 浄水器は、弊店別館で販売中のウォール・ピュア
 わが家の古い冷蔵庫ポケットにも収まってくれるのが
 アリガタイ品♪ヽ(^-^ )




   ↑
画像をクリックすると拡大画像が開きます。

[PR]
by my-shop | 2005-08-30 23:08 | 食生活&栄養 | Trackback | Comments(4)

 水素を添加し、作られるマーガリンの安全性は以前より問題視されておりましたが、ついに
アメリカで、米食品医薬品局(FDA)にて06年1月より規制対象になる模様。
 それにしても私マーガリンのみにあらず、植物油にまで問題の成分「トランス脂肪酸」が含まれていることをこの記事で初めて知りました。
知らない、ということは怖いことですね。勉強不足でありました。

トランス脂肪酸の危険はたばこよりはずっと小さい。ただ、摂取量は少ない方がよく、ケーキやポテトチップスなど、トランス脂肪酸を含む食品を取りすぎないようにすべきだ。パンに大量のマーガリンをつけて食べるよりは、動物性脂肪でもバターを少しだけつける方がよさそう

トランス脂肪酸を)取りすぎると血液中の「悪玉コレステロール」が増え、心臓病の原因になると問題視されるようになったためで、ニューヨーク市は10日からトランス脂肪酸の使用を控えるよう市内の飲食店に呼びかけ始めた。

トランス脂肪酸は賞味期限を延ばし、味を安定させるため、植物油に水素を添加して人工的に作られる。 マーガリンのほか、調理用の植物油、菓子やパンづくりに使われるショートニングなどに含有。

asahi.com:マーガリン取りすぎ注意、心臓病対策でNY市が自粛要請-暮らし
[PR]
by my-shop | 2005-08-17 11:17 | 食生活&栄養 | Trackback | Comments(8)

マグロのみに関わらずなのでしょうが…魚介類などに含まれる水銀の安全基準の見直しがあった様です。
見直しするのがチョット遅くない?…と、思わなくもないのですが(汗)
それだけ日々確実に海が汚染されてる、ということ。

多量に食べない限り影響はなく、むしろ健康によい食材として、バランスのとれた摂取を勧めている。 …(略)…
 新たな基準は、平均的な1回分の摂取量を80グラム(刺し身1人前程度)とした場合、クロマグロ(本マグロ)、メバチマグロは週1回まで、ミナミマグロ(インドマグロ)は週2回まで。ほかのマグロ類やツナの缶詰などは、特段の注意は必要ないという。このほかキダイ、クロムツなども週2回までなどとした。


…とのこと。

身体に良いから、好物だから、と同じものばかりに偏らないことが肝要。
特に妊婦さんはお腹の中の赤ちゃんに影響を大きく与えてしまいますから、食事はくれぐれもご注意下さい。

いわゆる、『○○ばっかり食』には気をつけましょう。
多少の水銀など毒物が含まれていても、玄米菜食派であれば、体外に排出されると聞きます。
日々の食事は侮れないのです。
積み重ねで、身体は確実に変わります。

「身体に優しい食事」を、できるだけ積極的に選んでいきたいものですネ。

asahi.com:妊婦さん、マグロ控えめに 水銀、胎児に影響-暮らし
[PR]
by my-shop | 2005-08-14 19:12 | 食生活&栄養 | Trackback | Comments(2)

これだけ暑いと食欲不振な方も少なくないでしょうね。
ついつい喉越しのよい麺類だけで終わってしまっていませんか?

ツルツルとしたそうめんなど麺類だけの食事、実はあまりよくないんです。
タンパク質・ビタミン不足、食物繊維も不足。よりバテやすい身体になってしまいます。

できるだけ、お豆腐・ソーセージ・竹輪・ゆで卵・目玉焼きなどを追加したり、フレッシュサラダを加えたいものですネ。
サラダはスプラウト(ブロッコリーの芽など)を活用すると、非常に手軽で簡単♪
値が張るように思われるかもしれませんが、手軽さ・栄養価から見ればかなりオトクです。
サッと洗って、根を切って自然塩やドレッシングなどお好きな味つけで、どうぞ~。
食後のフルーツも忘れずに。
スイカに自然塩をふって頂くのもいいですね。
フルーツの中のカリウムは、食事で摂り過ぎた塩(ナトリウム)の排出をうながしてもくれます。

キムチ+冷奴など、大変いいですね。健康効果もある様ですヨ。
余裕があれば、豚しゃぶ風に茹でたスライス豚肉をポン酢と大根おろしで頂くのも麺類に合います。
茹でた後、ちょっと冷やしておけば口当たりもいいんです。
豚肉のビタミンB群とポン酢のクエン酸は疲労回復に役立ちます。

ちなみに、私は梅肉+レモン+おろしショウガで豚しゃぶ風に頂くのが好き♪
[PR]
by my-shop | 2005-08-11 13:01 | 食生活&栄養 | Trackback(1) | Comments(2)


ネットショップの店主(あるじ)です。ただいまのんびり中♪
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31